神戸学院大学

現代社会学部

街が抱える課題に対して自ら解決策を考え、
社会を動かす力を養成

学部長からのメッセージ

学部長 神原 文子 教授
学部長
神原 文子 教授

現代社会学部では、高度情報化、グローバル化、少子高齢化といった現代社会の動向を見据えながら、さまざまな地域社会における豊かで幸福なくらしの実現とその持続可能なあり方を学際的に探求しています。とりわけ、現代社会学科では、現代社会の諸問題について、社会学、経済学、経営学、政治学・行政学など多角的な視点から検討し、科学的な分析手法を用いて探求し、問題解決策を講じることのできる学生たちの学びをサポートしています。他方、社会防災学科では、自然災害の多いわが国の地域社会における日頃からの防災・減災への備え、相互扶助のあり方、コミュニティづくりの課題などについて学び、実践をとおして、社会貢献の担い手になりうる学生たちの学びをサポートしています。

現代社会学部では、「地域と交わる」、「地域から学ぶ」、「地域に貢献する」といったアクティブラーニングを重視しています。学生たちは教室の中で学ぶだけでなく、教員と一緒に県内各地や海外でもフィールドワークや問題解決型の学びを体験しています。

自分には何ができるのか、世の中はどうなっているのか、たくさんのアンテナを張って吸収して、たくましく成長していく学生たちを応援し続けていきたいと思っています。

現代社会学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(6) 現代社会学部の目的は、グローバルな視野と社会貢献マインドの育成を図りながら、理論と実践双方で得られた智慧を地域の中で応用・展開できる人材の育成を目指すこととし、学科ごとの目的については次のとおりとする。

ア 現代社会学科の目的は、地域社会のありようを、学際的アプローチを通じて多面的総合的に把握し、分析できる人材の育成を目指すこととする。

イ 社会防災学科の目的は、社会に貢献するマインドと能力を持った人材及び防災と社会貢献に関する専門的知識を身につけた人材の育成を目指すこととする。

現代社会学科の教育目標・方針

現代社会学部の教員と研究テーマ

現代社会学部 関連情報