神戸学院大学

薬学部

神戸医療産業都市の中で、
高度な医療知識を身につけた薬剤師へ

学部長からのメッセージ

学部長 山﨑 裕康 教授
学部長
山﨑 裕康 教授

さらなる飛躍を目指して

4月より引き続き薬学部長を拝命いたしました。これまでの歴代薬学部長のリーダーシップのもと、薬学部の多くの先生方が築かれてきた基本方針を維持しながらも、全力で職責を全うすべきであると考えています。

新制度の薬学教育では病院や薬局での実務実習が科されています。実務実習から戻ってきた学生は、確実に医療への興味が増しています。まさに「眼の色」が変わってみえます。このような意欲にあふれた学生を立派な医療人(の卵)として世に送り出していくために、私たち教員は全力で、基礎学力の充実と問題発見・解決能力の育成に努めなくてはなりません。

昨今の国家試験を振り返りますと、難易度はさほどではないにもかかわらず、考えるプロセスを大切にした問題が増えてきており、このスタイルは今後も継続されると思われます。ということは、国家試験に向けた勉強は、過去問に頼った勉強方法ではなく、「ものの考え方」の基になる「基礎学力」の充実が必要であることを意味します。すなわち、学部の授業に立ち返ってもう一度基礎から臨床までの一連の流れを理解することが大切です。そのためには、内容の濃い授業形態を目指して教員全員が努力することが肝要です。

本学薬学部は、平成28年度に薬学教育評価機構による分野別評価を受け、「適合」との認証を得ました。今後、評価基準に示された内容を吟味しながら、本学が誇るべき教育内容を全国に示すべく努力してまいります。

本学薬学部の伝統である「元気な薬学部」であり続けるために、教育に軸足を置きながらも研究面での活性化にも尽力したいと考えています。

薬学部 学科構成

教育研究上の目的

神戸学院大学学則(抄)

(目的)

第2条の7 第2条に規定する各学部又は学科における教育研究上の目的(以下この条において「目的」という。)は次のとおりとする。

(10) 薬学部薬学科の目的は、医療人としての薬剤師に必要な知識及び技術を修得させ、社会の求める医療のニーズに応えうる問題解決能力を持つた学士(薬学)の育成を行うとともに、高度の専門知識技能を持つた薬剤師の養成を行うこととする。

薬学科の教育目標・方針

薬学部の教員と研究テーマ

薬学部 関連情報