神戸学院大学

国際交流

交換留学 グリフィス大学 オーストラリア

自分を変えたいと志した留学

 留学を志したきっかけは、自分の現状を変えたいというところからでした。将来の夢や目標、これから何をしていけばいいのかという自分自身への問いに対する答えを留学をすることで見つけることが出来るのではと感じたからです。
 留学までの約半年間、IELTSの勉強に取り組み、合格基準のスコアを目指しました。不安になった時もありましたが、神戸学院大学の献身的なサポートもあり、スコアを取得する事が出来ました。

充実したオーストラリアでの授業

 オーストラリアの大学では、授業で出される課題の量が日本に比べてはるかに多く、課題の種類も様々でした。僕が主に履修していたビジネスの授業では、グループワークやクラスメイトとのディスカッションが頻繁に求められます。最初は語学力への不安や緊張から、うまく議論に参加できなかったり、タイムマネジメントの難しさに苦しみました。そのため、留学当初はずっと図書館にこもり勉強していました。授業を重ねるうちに、友達が出来、周りの学生と協力する機会が増え、徐々にそうした不安や緊張は無くなっていきました。授業では、講義が中心の日本とは異なり、クラス内でのディスカッションが活発に行われます。1人1人に意見が求められるため、出来るだけ予習をする必要があります。こうしてインプットした知識を授業内で発信することによって、学習テーマに関する知識が深くなり、課題もより効果的に進めることが出来ます。授業や課題をこなしていくうちに、英語力がはるかに成長しました。実際に聞き、話すということの重要性を再認識させられました。語学力はもちろんのこと、自分の専門分野である経営学に関する理解がより深くなったのを感じ、以前にも増して自信が出てきた様に思います。

「多様性」を感じるオーストラリア 自主性を成長させることが出来た

 オーストラリアという国を一言で表すとすれば、それは「多様性」だと考えています。様々なバックグラウンドを持った人々の異なった意見、考え方や視点が社会で共有されています。日本にいれば出会うことが無かった人たちと、シェアハウスや大学でのグループワークで出会うことが出来ました。家事や料理などを自力でし、様々な人と寮やシェアハウスで1年間過ごしたことで、以前より何事にも主体的に取り組む事が出来るようになりました。生活面において最も成長したことが自主性だと思います。
 ブリスベンという都市はオーストラリアでも今発展が著しい都市で、街が活気に溢れています。世界中の人を魅了するビーチのあるゴールドコーストも近く、マリンスポーツを楽しむには最高の場所です。フォーティチュードバレーと呼ばれる繁華街もあり、休日はよく友達とご飯を食べに訪れました。

挑戦する気持ちを大切に!

 オーストラリアは、すべての人が自分に合った方法で勉強ができる国です。もし語学力に自信がなくても、挑戦したい気持ちがあれば、オーストラリアへの留学経験はかけがえのないものになるはずです。
 1年間は本当にあっという間で、楽しくもあり挑戦的でもありました。自分の知らない環境に身を置くことで、今まで発見できなかった考え方や違いが見えてきました。これからも、この培った経験を活かして、どんどん新しいことに挑戦していきたいです。