神戸学院大学

教育・研究

学際教育機構

学際教育機構概要

学部を超えた、幅広い学問領域を修得。
即戦力を備えた人材の育成を目指す。

学際教育機構は、法学部・経済学部・経営学部・人文学部の学生を対象に、2年次からそれぞれの学部の専門教育科目とともに、既成の学問体系にとらわれない幅広い学問領域を学び、卒業後に社会で即戦力となる人材育成を目的として発足しました。

防災・社会貢献ユニット【2013年度をもって募集停止】

学生を主体とした参画型教育プログラムで、地域との相互教育により、防災や危機管理に対する意識、専門性を高めるとともに、地域社会への貢献や国際協力活動を推進するためのカリキュラムです。

国際的視野に立ちながら、地域社会の安全で安心なまちづくりに貢献できる人材育成を目指します。

1学年の定員は50名で、主にポートアイランドキャンパスを拠点に学びます。また、2年次後期から防災を主として学ぶ防災コース、社会貢献を主として学ぶ社会貢献コースのいずれかに所属します。

学際教育のカリキュラム

学際教育機構は、全ユニット共通の学際教育機構共通科目と各ユニット専門科目で構成されています。

学際教育機構共通科目には、国内および海外での実習や危機管理についての講義、専門外国語、公務員視点対策講座などの科目が用意されています。

防災・社会貢献ユニット専門科目では、防災や社会貢献に関する実習、防災コース科目として自然災害や防災教育、災害時のメディアの取組みやボランティアについての講義のほか、2年次から4年次まで演習(必修科目)が用意されています。