神戸学院大学

人文学部とグローバル・コミュニケーション学部が合同で「日中映画プレゼン対決」を開催しました

2018/06/04

 人文学部上田学ゼミの2年次生と、グローバル・コミュニケーション学部森平崇文ゼミの2年次生が3日、合同で「日中映画プレゼン対決」をポートアイランドキャンパスで開催しました。
 これは、20世紀の日本映画と2017年公開の中国映画の計10作品を「海外に行きたくなる映画」などテーマごとに紹介し、そのプレゼン能力を競うイベントで、教員と学生合わせて23人が参加しました。
 全作品のプレゼン終了後、参加者で投票を行い、グローバル・コミュニケーション学部の武塙昂大さんと西田拓斗さんが紹介した『妖猫伝』(邦題『空海KU-KAI美しき王妃の謎』)が最多得票を獲得しました。