神戸学院大学

グローバル・コミュニケーション学部の谷田さんがD'OAM CREW Projectのダンス公演に出演しました

2018/02/08

 グローバル・コミュニケーション学部中国語コース1年次生の谷田珠夏さんが、2月3日、4日、新大阪のKOKO PLAZAで上演されたD'OAM CREW Projectのダンス公演『WILD WOOD』に出演しました。D'OAM は2001年に始動し、ファッションメーカーのイメージモデルダンサーをつとめるほか、テレビやプロモーションビデオにも多数出演、ゲストパフォーマーとして全国20ヶ所以上で活動しているストリートダンスカンパニーです。今回上演された作品は「WEST SIDE STORY」を題材にしており、台詞はなく、ダンスだけで全てを表現しています。谷田さんはギャング団「クールサン」の一員として出演しました。
 谷田さんは「ダンスだけでストーリーを伝える難しさ、深さ、楽しさがありました。約半年の稽古を通じて、どうしたら良いモノができるのかということを皆でたくさん相談し、たくさん悩みました。そうして作り上げた舞台だったからこそ、千秋楽を終えた時の達成感はとてつもなかったです。観に来て頂いた方から「とても良かった」という言葉を頂戴し、頑張った甲斐があったと思えました。1つの目標に対して全力で突き進むことの大変さ、でも、それ乗り越えたからこその達成感がありました。これはダンスだけではなく、大学生活にも当てはまることだと思います。この舞台を通してまた1つ成長できました。自分の好きなことをしながら目標を立てて大学生活もしっかり送っていきたい」と話しています。

D'OAM のオフィシャルサイトはこちら