神戸学院大学

国家資格「公認心理師」の養成教育が始まります

国家資格「公認心理師」の養成教育が始まります

神戸学院大学は、2019年4月に大学院人間文化学研究科心理学専攻修士課程および人間行動論専攻博士後期課程行動発達論講座を改組し、「公認心理師」国家試験の受験資格が得られるカリキュラムを備えた大学院心理学研究科を設置します。それに先立ち、2018年4月、人文学部人間心理学科を改組し、心理学部を開設。学部4年間、大学院2年間の6年間を通して「公認心理師」に必要とされる知識やスキルの習得に向けて、専門の教授陣が学生一人ひとりを手厚く丁寧に指導していきます。

活躍できる領域

公認心理師とは

2015年9月の国会で公認心理師法が成立し、2017年9月に施行されました。公認心理師は、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識および技術をもって心理に関する支援を行い、国民の心の健康の保持増進に寄与することを目的に設けられた心理職初の国家資格です。

公認心理師資格を取得すると

公認心理師は、保健医療、福祉、教育、司法、産業・労働という5分野において、更には災害援助なども含めて活動する汎用性のある資格として規定されています。心理専門職として基本的な心理検査や心理面接を行うとともに、たとえば、病院、児童相談所、福祉事務所、学校、矯正施設、企業等において、関係する多くの職種の人たちと連携、心理に関する支援を要する人たちに心理的支援を行います。特に保健医療の現場においては、心理職の国家資格が定められたことにより、心理検査や心理相談の担い手としての位置づけが明確化され、今後、公認心理師は心理学の専門家として、病院やクリニック、さらには地域の保健医療や福祉のサービスを提供するチーム医療の一員として幅広く活躍することが期待されます。

公認心理師になるには

資格取得には、4年制大学において文部科学省・厚生労働省令(以下、省令)に定められた科目の単位を修得して卒業後、大学院において省令に定められた科目を修めて修了するか、省令で定める施設において2年以上の実務経験を積むことで国家試験の受験資格が得られます。
 神戸学院大学は、大学、大学院ともに公認心理師に対応したカリキュラムを実施し、資格取得に向け、充実した学習環境を整えています。

本学における公認心理師取得モデル

公認心理師になるには