神戸学院大学

教育・研究

人を対象とする医学系研究に関する情報公開

神戸学院大学で行っている下記の人を対象とする医学系研究について、情報公開をしています。この研究の利用目的や方法等についてお知りになりたい場合、この研究への試料・情報利用についてご了解できない場合等、お問い合わせがありましたら研究責任者または担当者にご連絡ください。ただし、他の方の個人情報や研究の知的財産に関わること等は、お答えできないこともありますのでご了解ください。

人を対象とする医学系研究についての情報公開

承認番号 HEB17-44
研究責任者 総合リハビリテーション学部・准教授 大庭 潤平 連絡先 078-974-1551
内線35716
研究課題名 神戸市立医療センター中央市民病院ICUにおける作業療法プロトコル構築を目指した作業療法プログラムと患者特性の検討
対象となる方 神戸市立医療センター中央市民病院ICUに72時間以上入室し,作業療法処方が出た方.
対象期間 2017年5月~2018年3月
使用する試料・情報について 作業療法評価、プログラム内容、年齢、性別、BMI、重症度、ADL評価、意識状態、リハビリ日数等.
利用目的・利用方法 神戸市立医療センター中央市民病院ICU入室患者の作業療法プログラムを分類し,作業療法プログラムと患者属性との関連要因を明らかにすること
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸市立医療センター中央市民病院より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 神戸市立医療センター中央市民病院・淺井 康紀
承認番号 HEB17-46
研究責任者 薬学部・教授 杉岡 信幸 連絡先 078-974-1551
内線83296
研究課題名 造血幹細胞移植患者における、塩酸バンコマイシンの血中動態変化に対する共変量探索
対象となる方 先端医療センターにおいて塩酸バンコマイシンの投与を受けられた患者さん
対象期間 2013年3月1日~2017年10月31日
使用する試料・情報について 患者さんの背景(性別、年齢など)、治療歴、投与薬歴、臨床検査値、副作用などの情報
利用目的・利用方法 塩酸バンコマイシンの適正な使用を目的とし、当該薬物が処方された患者さんを対象に、効果の指標となる血中薬物濃度に影響を及ぼす因子の探索を上記データの統計解析により行います。
使用する試料・情報の他機関との授受 先端医療センターより提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 先端医療センター・薬剤部長 岡田 裕
承認番号 HEB17-88
研究責任者 総合リハビリテーション学部・特命教授 松尾 雅文 連絡先 078-974-1551
内線35213
研究課題名 3歳児の尿中タイチン濃度に関する研究
対象となる方 神戸市3歳児健診を受診された方の尿
対象期間 2017年4月1日~2018年3月31日
使用する試料・情報について 尿
利用目的・利用方法 筋ジストロフィーなどの筋疾患の患者さんの尿中にタイチンというタンパクが高濃度に排泄されることが知られています。一方、小児におけるタイチン濃度の標準値は未解明であり、成人の標準値から推定しているのが現状です。そのため本研究は、3歳児の尿中タイチン濃度を明らかにすることを目的として行われます。研究成果により小児の病気の同定が容易となり、将来診療の現場において診断の精度が向上することが期待できます。
使用する試料・情報の他機関との授受 神戸市こども局こども企画育成課より提供を受ける
共同研究機関名・研究責任者 神戸大学大学院医学研究科・病態解析学領域・准教授・大澤 佳代
公益財団法人先端医療振興財団センター医療センター・センター長・鍋島 陽一
株式会社免疫生物研究所・診断・試薬事業部・丸山 順裕

他の研究機関への既存試料・情報の提供に関する情報公開

神戸学院大学では、他機関が実施する研究について、下表に記載の期間へ試料・情報を提供しています。

現在なし